過信は禁物

過信は禁物

なんか最近、身体が疲れる…
そう言っていた知人が50歳という若さで急逝しました。
大きな病気をしたことがなく、健康が自慢だった人です。
それが突然、こうしたことになり、本当に驚きました。
まだ小学校や中学校に行っている子どもがいるのに、本人はさぞ無念だったと思います。
原因は心不全だと後で聞きました。
「疲れる」という最初の兆候を見逃してしまったことが悔やまれてなりません。
身体の調子がいつもと違うということは、何らかの原因があるはずですから。
それがハッキリするまでは大丈夫と安易に思わないように注意する必要があります。
特に普段、健康な人ほどその自信が裏目に出ることが多いように感じます。
過信はやめて、謙虚になることが健康を維持する秘訣だと思います。